スポンサーサイト

Posted by なる on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EssMod

Posted by なる on 28.2010 Texture 関連 13 comments 0 trackback
関連記事
FaceTexture の違い -其の1-
 【LopEars、FTR、Corean の比較】
FaceTexture の違い -其の2-
 【余り有名ではないもの?】

顔色が綺麗になるかも !?
 【顔色の固定方法】
キャラ紹介ぽいもの ( +装備 MOD とか )
 【Lilithで使用している顔関係のファイルとか】
キャラクターを綺麗に見せる
 【光源とか設定とか】
EssMod            ←ここ
 【キャラクターの情報を書き換える】



MBP系 を弄ってみる -其の1-】のコメントで Sizuruさんが作成してくれた ツールです。

ちょっと MBP++ 系で説明をつけたほうが良さそうなのと、
顔色の問題を一発で解決する手段があるのでその紹介を。

EssMod v0.95
EssMod101.jpg

何をするツールなのかということですが、
saveデータにある、プレイヤーの種族、髪型、目の変更、顔のコピーなどが出来るツールになります。

使用するには TES4Gecko が正常に動作する環境が必要です。
関連
マージって何? - うんちく編 ( 訂正版 )-
マージって何? - 実際に纏めてみる編 -

TES4Gecko の使用が出来る環境であれば EssMod v0.95 を DownLoad し解凍。

TES4Gecko がある場所から、TES4Gecko.jar をコピー。
EssMod_v0.95 の解凍した中にある『lib』フォルダに TES4Gecko.jar を貼り付けます。
EssMod102.jpg

あとは EssMod.jar をタブルクリックで起動します。
EssMod103.jpg
以前の v0.9 よりも GUI が判りやすくなってます(≧∇≦)ノ

で、使い方ですが File を押して OPEN ESS を選択。
ここで 変更したい SaveData を選びます。
※不測の事態に備えて使用する Save は念のためバックアップを取ってください。
※仕組み上プレイヤーの名前をキーにデータを探しているそうです。
※極端に短いキャラクター名「a」などの場合、データの収得に失敗することがあるそうです。


OS によって違うとは思いますが
C:\Documents and Settings\< ユーザー名 >\My Documents\My Games\Oblivion\Saves の中にある ess ファイル。

ここで選ぶと...下のような図に。
EssMod101.jpg

ここでは RACE(種族)は Beautiful People 2ch-Ed Player Race.esp にある、
FromID 73000ED3 が選択されていることを示しています。

髪 Beautiful People 2ch-Ed.esm の FromID 070003E1C 色が R126 G126 B126。
目 Oblivion.esm の FromID 00027308。

これらの数字を任意に変えることで別の種族などに変更ができるというわけです。
ここで問題なのは変更したい FromID をどう調べるかですが...

これは TES4Edit を使います。

よくあるパターンとして Beautiful People 2ch-Ed Player Race.esp を
たとえぱユキスケさんの Lop-ears Elf.esp と見立ててください。
ちなみに Beautiful People 2ch-Ed Player Race.esp は私がプレイヤー専用に弄ってる esp です。
今回はこの種族を MBP++ に含まれている LopEarsElf に変更する手順として説明します。

EssMod104.jpg
TES4Edit から今の私の環境では 07001D14 が LopEarsElf の FromID であることが判りました。

なので 07001D14 と変更して APPLY を押下します。
EssMod105.jpg

EssMod106.jpg
と出れば正常に書き込みが終わりました。

EssMod107.jpg
ちゃんと LopEarsElf に変更されています。

こんな感じにプレイヤーの種族を簡単に変更が可能。
髪と目も同じやり方で変更できますが、FromID を探す手間と目的の髪や目が視覚的にわかりにくいので
種族以外は ShowRaceMenu での変更をお勧めします。
例外的に 人からもらった Save で髪型が自環境にないと判っている場合などには有効かと。
*WB でもできますがこちらは自分のしたい髪に変更可能ですし。

またこのツールのたぶん目玉は顔色のコピーです。
以前、いろいろと書いてたのですが顔色のコピーは不可能だと思われてました。
ところが最近、TES4Edit で表示される、FGTS が顔色の情報であることが判明。


ただしこのデータをプレイヤーに移植するには WB を使い一旦 esp にデータを移動。
そこから FGTS をコピーしたあとにまた WB で Save に戻すという面倒な作業が必要でした。

この作業を省いて save から save に移植することが出来ます。

やり方は簡単で変更したい Save を読み込みます。(File を押して OPEN ESS を選択)
EssMod101.jpg

File から ImportFace を選択。

下記ウィンドウが出るので...
EssMod108.jpg

一番下のみチェックを入れてIMPORT。
EssMod109.jpg

また ess を選択するウィンドウが開くので、使いたい顔色の Saveデータを選択します。
これで終了。

ゲーム上で確認してください。
顔色のみの移植ができてるはずです。

ちなみに
EssMod108.jpg
この状態でIMPORをすると顔のコピーと同じになります。
上2つが顔の造形に関する情報をコピーするかしないか、最後のが顔色のコピーをするかしないかです。

余談ですが、昔顔色で失敗したキャラクターに
EssMod110.jpg

このキャラの顔色を移植したら...
EssMod107.jpg

こうなりました。
EssMod111.jpg

個人的に顔色専用のキャラを作って、簡単に移植できるこのツールは神ツールですよー。
Sizuruさん、ありがとうございました。

またこの情報は JP forum の [WIP] Modular Beautiful People 2ch-Edition v1.4a に書かれています。
ツールへ直リンしちゃってますがすいませんΣ( ̄□ ̄;)



二転三転してますが MBP + LopEarsElf から MBP++ などの移行はどちらにしろややこしいですね...

未検証ですがたぶんこれで移行できます。
プレイヤーは LopEarsElfの想定。
※ Save のバックアップは必ずとっておいてください。
※ 下記内容で移行できるかの保障はしてません、すいません。
※ MBP++ も x117Race++ も MBP に含まれていない種族(プレイヤー)から環境切り替えは未サポートです。
※ プレイヤーが LopEarsElf系(Mini含)、Tabaxi Customize Pack に含まれる種族、オリジナルの Moonshadow Elves のことです。

1, MBP + LopEarsElf の環境に MBP++ をぶち込む。
2, 既存の save をロード。
3, そのまま save。
4, EssMod 起動。
5, Race を Beautiful People 2ch-Ed.esm の中の LopEarsElf に変更。
※ XX001D14 、XX は Beautiful People 2ch-Ed.esm の MODID。
6, 髪型を Lop-ears Elf.esp から使用している場合は Beautiful People 2ch-Ed.esm から選択する。
7, Oblivion で確認。CTDするようなら 5 と 6 で ID が正しいか確認。
8, 問題なければ LopEarsElf を OBMM 上から Diactivete 後、削除。
9, MBP++ も一旦 Diactivete ⇒ Activete で終わり。

7で正常起動しない場合...
多分何かが間違えてるのだと思いますが、わからないので環境を戻して MBP++ は封印で。
1, MBP++ を OBMM 上から Diactivete 後、削除。
2, LopEarsElf も一旦 Diactivete ⇒ Activete。
3, Save をバックアップしていたものに戻す。

○ Comment

なるさんこんばんは。
詳細な解説ありがとうございます。自分だとついつい説明をはしょってしまいがちなので助かります(^^;

ちなみにTES4Geckoの方でOblivionのインストールパスが正しく認識されていると、Plugin Listウィンドウで各プラグインに含まれる種族や髪や目をマウスクリックで選択することが出来ます。
XPだとC:¥Document and Settings¥<ユーザ名>¥Local Settings¥Application Data¥OblivionフォルダのTES4Gecko.propertiesファイル中にinstall.directory=<インストールパス>となってるはずです。
※その分メモリを大量に必要とするので注意
2010.04.28 22:00 | URL | Sizuru #7RorUgFk [edit]
Sizuruさん、こんばんは

顔色コピーが楽でいいです(≧∇≦)ノ
説明見たときにはそんな気がしたのですが家では表示されず...
今見てみたら install.directory=<インストールパス> が
昔の Path だったので手動で書き換えましたが今度はRACEタブ含めて空欄にOrz

Oblivion.esm だけロード字に表示されてるのでなんだろう?
でも起動が遅くなる?からこのままでもいいかなぁーと
2010.04.29 00:41 | URL | なる #- [edit]
Javaのヒープが足りないとそうなることがあるみたいです。
試しに以下のようにしたらどうなるでしょう。
java -Xmx900m -jar EssMod.jar
この例だとヒープを900M確保しますが、問題あったら搭載メモリ量に応じて適当に加減してみて下さい。
2010.04.29 02:53 | URL | Sizuru #/.OuxNPQ [edit]
> java -Xmx900m -jar EssMod.jar
DOS窓から上記で出来ました
でも毎回起動時にこの操作だと忘れそうですね(・・`)

最初JAVAの設定のランタイムパラメーターに -Xmx900m と書くんだっけ?とか弄ってましたがこっちではダメで...
そういえば直接書き換えるやり方ならRACEで設定されてないものでも指定可能ですね
当然ShowRaceMenuでは動かせなくなっちゃいますけど
2010.04.29 12:40 | URL | なる #- [edit]
やっぱりヒープ不足でしたか。
確かにいちいち打ち込むのはなんですので、TES4Geckoのようにショートカットを作って、そこにオプション指定を埋め込んでおくといいと思いますよ。
リンク先の所を
"C:¥Program Files¥Java¥jre6¥bin¥javaw.exe" -Xmx900m -jar "X:¥EssMod.jar"
みたいに。

種族に設定されてない目や髪をいきなり使えるのは副産物みたいなものでしたが、面白いのでそのままにしています。(・∀・)
2010.04.29 13:51 | URL | Sizuru #/.OuxNPQ [edit]
> "C:¥Program Files¥Java¥jre6¥bin¥javaw.exe" -Xmx900m -jar "X:¥EssMod.jar"
そうか、Java側に引数つければいいんですねOrz
どうやって先頭に引数つけるのかとわけのわからないことを考えて

タスクマネージャなので正確ではないのですが 750MBくらいメモリ使ってるようです
入れてるMODによって可変するとは思いますが...
ありがとうございました
2010.04.29 15:09 | URL | なる #- [edit]
これはすごい(゚д゚)!
まさしく神ツールですね
なるさんの紹介&Sizuruさんに感謝!
Wildtabaxiの毛色が青くなってしまうのも、これで顔色をクリアすれば解決b

あ、あとここで聞くことじゃないですが・・・
種族追加espのデフォfacegenに対してsaveやesp等からコピーする方法ってなんかないもんですかねー?
2010.05.01 02:49 | URL | RAN #R.zC53eg [edit]
ぬおー、これはいい!
顔色失敗したキャラでもiniやegtファイルでごまかしたりせずになんとかなりそうですね。
有用なmod紹介有難うございます!
2010.05.01 12:06 | URL | TM #- [edit]
RANさん、こんばんは

便利ですよね、顔色気にしないですむのは大きいです
デフォのは普通に新規でゲーム初めて顔弄らずに save したデータでいいんじゃないかな?
厳密にやるならWBでespにデータ移動させた後、種族のFaceGenをコピーしてまたWBで戻すですが...

TMさん、こんばんは
Tes4Edit でコピーするやり方もあったのですが説明が面倒でやめてました...
このツールだとお手軽で(*'-')b
2010.05.01 22:37 | URL | なる #- [edit]
RANさんこんばんは
>種族追加espのデフォfacegenに対してsaveやesp等から
>コピーする方法ってなんかないもんですかねー?
追加種族のデフォ顔を他から移植したいということですか?やろうとしたことあるのですが、saveやNPCのfacegenデータは種族デフォからの差分のようなので、それを単にコピーしてもうまくいかなかった覚えが。
デフォと差分の合成方法が分かれば出来そうなんですけどねぇ。
2010.05.02 01:26 | URL | Sizuru #/.OuxNPQ [edit]
こちらの表現が判りにくくてスミマセン。
そそ(゚∀゚)そゆことですSizuruサン!

んー TES4EditでSymmetricの値を見ると、種族のデフォ顔のデータに比べてPCやNPCのそれは桁がかなり多いんですよねー
単純に頭切りのコピペ、尾切りのコピペでは通用しませんでした。
桁数の違いに出そうなものといえば、ageの値の有無とcomplexion値の有無くらいだと思うんですけどねぇ。。。
2010.05.03 02:24 | URL | RAN #R.zC53eg [edit]
種族の初期パラメータのことだったんですねOrz

CS でみると種族のパラメータは1つしかないみたいなので
たぶん細かい設定はできないんだと思います。

データ量が少ないのも其のせいではないかなぁ...
2010.05.03 13:19 | URL | なる #- [edit]
[MBP++ v1.9.4a]の導入にあたり
[MBP v1.4a] + [LopEarsElf]でメインキャラにLopを使用しておりましたので
この記事が大変参考になりました。
ありがとうございます。
---
お礼ついでに、私の事例でも残して行きます。
[環境] >> [MBP v1.4a] + [LopEarsElf] (PCがLop種族)
[導入] >> [MBP++ v1.9.4a] (MBP++はtesでDLできなかったので、
コチラから頂戴したものを使用>>www.mediafire.com/?7o8hxi3oglk0a)
[使用tools]
・EssMod v0.95 (+TES4Gecko)
・TES4Edit

▽作業内容▼
1,まずはセーブのBackup
2,OblivionModManagerにて、[LopEarsElf]をDeactivate!
3,つづいて、[MBP++ v1.9.4a]をActivate!
 (当前、BOSSによる並び替えは必須です)
4,TES4Editで、Modのチェックはそのままで起動。
5,読込終了したら、Beautiful People 2ch-Ed.esmの+を展開し
 RaceからLopEarsElf のIDを確認。
6,EssMod にて、セーブデータを読み込んで
 Raceを先ほど確認したものに変更、適応。
7,Enjoy!

記事の最後に紹介されています内容より、De-及びActivateの手間が省けます。
また、導入後20時間弱Playしておりますが、今のところ問題は見受けられませんので
良いのではないかと、思われます。
なお、HairとEyeについて触れておりませんので注意してください! 以上。
2011.11.08 00:04 | URL | ぐったりーざ #X.Av9vec [edit]

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://narulivion.blog46.fc2.com/tb.php/192-b0b9fe41
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。