スポンサーサイト

Posted by なる on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4GB Skyrim

Posted by なる on 21.2011 --- Skyrim --- 11 comments 1 trackback
2011/12/21 本体 verup により 4GB を標準でサポート
2011/12/14 もっと簡単だったので内容を変更。以前の内容でも 4GB 起動はできます。
2011/12/12 初回公開




--- 2011/12/21 追記 ---
version 1.3.10 から 4GB が標準でサポートされました。

Sneaky Skyrim 1.3.1 Patch Supports 4GB RAM

version 1.3.10 以降は使用しないで下さい。
すでに実施済みの人は

skyrim4gb.exe
skyrim4gb_helper.dll
TESV.exe.4gb

を削除。


--- 旧記事 ---
日本語化したからなのか、version が上がったからなのかわかんないんですけど
めっちゃ CTD(ゲームがクラッシュしてデスクトップ画面に戻ることの意)するんですOrz

OS が XP 32bit だからってのもあるんですが
以前の英語の状態よりもかなり酷くて

調べてみると 4GBPatch 使えって書かれてるんですけど
OS が 32bit でメモリー 4GB の状態で大丈夫なのかな?

とりあえず小一時間試した感じ CTDせずに遊べるようになりました。
気のせいだった…私の環境では他の原因がありそう…
ひょっとすると日本語化の Skyrim - Misc.bsa が原因かも?
私の環境では enbseries_skyrim_v0096patch9antifreeze.zip でした…

OS が 64bit で搭載メモリーが 4GB 以上詰んでいるのならリスクは無いはず。
搭載メモリーが2GB以下だと不具合しか出ないはずなので使っちゃダメ。
私みたいに OS が 32bit + 搭載メモリー 4GB の人は自己責任で。


4GB Skyrim
●導入方法

1)
DownLoad し解凍。

中にある、
skyrim4gb.exe
skyrim4gb_helper.dll
を TESV.exe がある場所にコピーします。
Skyrim4GB001.jpg


2)
skyrim4gb.exe 直接実行することで 4GB Skyrim になります。
なお起動前に下の画面が見えるので判断が。
Skyrim4GB003.jpg

Documents and Settings\【ユーザー名】\My Documents\My Games\Skyrim
に Skyrim4GB.log も作成されます。



【余談】
-exe 【 TESV.exe へのパス】
起動できるゲームの exe の絶対パス指定する。

skyrim4gb.exe を別のパスに入れて実行できる…かと思いきや
skyrim4gb.exe と同じ場所に TESV.exe.4gb が作成されるので起動できないみたい。

【私の環境】
Skyrimインストールパス:
E:\game\Steam\SteamApps\common\skyrim\
リンク先
E:\game\Steam\SteamApps\common\skyrim\skyrim4gb.exe -exe "E:\game\Steam\SteamApps\common\skyrim\TESV.exe"

-laaexe 【 4GB 対応TESV.exe へのパス】
4GB 対応済みの exe を直接指定して軌道する方法。
リンク先
E:\game\Steam\SteamApps\common\skyrim\skyrim4gb.exe -laaexe .\TESV.exe.4gb

-SteamAppID 【ID】
その SteamID を使う事になります。使って無いのでよくわかんない。

-noskse
SKSE を使用しない起動になります。
SKSE を導入していない場合は関係ありません。
※SKSE がない状態でも -noskse 入れずに起動可能のため。
Skyrim Script Extender -SKSE

●説明
TESV.exe が普通のままだと メモリーが 2GB までしか使用できません。
いきなり CTD の場合、どうもこの制限に引っかかってクラッシュしてるようです。
※でも使用量見てるとそこまで上がらずに落ちるので謎。

なのでその制限を取っ払うツールです。

Oblivion だとこの辺の話。
レジストリの掃除とか 3GB スイッチとか

ちなみに 3GB と言われるのは 32bit OS が使用できるメモリーの制限。
4GB と言われるのはアプリケーションが使用できるメモリーの制限。

OS 32bit ・・・ OS全体で使用できるメモリーは 3GB。
アプリケーション ・・・ 32bit 用に作成されていれば 2GB まで。

OS 64bit ・・・理論上は 18EB(エクサバイト)、ただし OS か M/B の制限で現在は最大でも128GB位。
アプリケーション ・・・ 64bit 用に作成されていれば 4GB まで。

このツールは TESV.exe のメモリー制限を 4GB に変更しエラーなく起動させるもの。
Oblivion で説明しているツールを使用しても 4GB の開放はできるんですけど
Steam が不正改造されていると判断しエラーで起動できなくなってしまいます。
それを誤魔化す機能(たぶん)も含んでいるようです。

Oblivion で説明しているツールで作成される exe とこのツールで作成される TESV.exe.4gb はまったく同じものになります。

○ Comment

リンク先を変更せずにクリックしても
Loding Skyrimの文字が出ますがこれでは反映されていないんですか?
2011.12.14 08:16 | URL | 名無し #- [edit]
> リンク先を変更せずにクリックしても
> Loding Skyrimの文字が出ますがこれでは反映されていないんですか?

名無しさん、こんばんは

ぉーほんとだ…
コマンドラインの方ばかり見て出来たからこれなのかと思ってたんですけど
普通に実行でいけますね (Skyrim4GB.log で確認)
内容を修正しました、ありがとうございます
2011.12.14 15:06 | URL | なる #- [edit]
win7 64bit日本語exeでよくCTDしてましたが
skyrim wikiの下記対策したら全く落ちなくなりました。
もう対策済みかもしれませんが一応。

[コントロールパネル] → [ハードウェアとサウンド] → [サウンド]→[再生タブ] の
スピーカーを選択して右下のプロパティをクリック
スピーカープロパティの詳細タブ→規定の形式のサンプルレートを
24 bit, 44100Hz (Studio Quality)に変更
2011.12.15 12:13 | URL | #- [edit]
win7 64bit日本語exeでよくCTDしてましたが

英語版exeではすでに対策済みの問題ですが、この辺がローカライズの際に実行バイナリの修正が遅れる、独自バイナリの欠点ですね。
2011.12.18 16:12 | URL | #- [edit]
あと、64Bit版OS特有の問題かもしれませんが、skyrim4gb.exeは、Skyrimを終了させても常駐解除されないので、何度も起動してると、skyrim4gb.exeが複数常駐してしまいます。

というわけで対策。


Stop-Process -name skyrim4gb -ErrorAction:SilentlyContinue
get-childItem "C:\Users\あなたのユーザーアカウント\Documents\My Games\Skyrim\Saves\ *.ess" | rename-item -newname { $_.name -replace '\s+',' ' -replace '^\s+','Save '}
cd "C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\skyrim"
start skyrim4gb.exe

というテキストファイルを用意して、拡張子を .ps1 で保存します。
これをWindowsPowerShellを利用して起動すると、無駄なskyrim4gb.exeを終了させて、かつ英語版exeを利用した日本語化の既知の問題であるセーブファイル名が残念なのも修正できます。

※1 xp,vistaだとWindowsPowerShellは標準で入っていないので別途Microsoftのサイトからインスコする必要があります。
※2 安全のためWindowsPowerShellのスクリプトは標準ではダブルクリックでは実行できないようになっているので、実行する方法は各自で設定する必要があります。
個人的なおすすめはダブルクリックで実行できるように設定を変更するのでは無く、

PowerShell -NoLogo -ExecutionPolicy RemoteSigned -File "C:\Games\Skyrim\SkyrimStart.ps1"

などと記述したバッチファイルやショートカットを作成することです。
2011.12.18 16:25 | URL | #- [edit]
あ、¥マークがかけないんですよね、Htmlなんだから…。

-replace '\s+',' ' -replace '^\s+','Save '

の部分の / はバックスラッシュまたは1Byte¥マークにしないと、セーブデータファイル名の残念さは解消しません。
2011.12.18 16:30 | URL | #- [edit]
4GB Skyrim使ってもメモリ使用量変わらなくないですか?
2011.12.19 23:41 | URL | #LkZag.iM [edit]
4GB Skyrim使うと、スクリプトドラゴンが動いてないんですが…

なんか対策あるんですかね? ちなみに英語exeを日本語化で使ってます。

通常起動だと普通にスクリプト動くんです。
2011.12.20 13:46 | URL | 私だけかな? #- [edit]
上記をカキコしたものですが、自己解決しました。
4GB.exeを直接実行だと、私の環境ではScriptDragonが動きませんでしたが、
steamAppID経由での実行ならば、4GBもScriptも動きました。

お騒がせして申し訳ありませんでした。
2011.12.20 21:00 | URL | Dam #- [edit]
> [コントロールパネル] → [ハードウェアとサウンド] → [サウンド]→[再生タブ] の
> スピーカーを選択して右下のプロパティをクリック
> スピーカープロパティの詳細タブ→規定の形式のサンプルレートを
> 24 bit, 44100Hz (Studio Quality)に変更

うちはXPなのでその設定がないんですよ
コントロールパネル] → [サウンドとオーディオデバイスのプロパティ] → [音源]タブ→
スピーカの設定の [詳細設定]→ [パフォーマンス]タブ → [サンプルレート変換の質]
たぶん↑のだと思うんですがも少なくとも私の環境ではenbseriesを使用しないことで完全にCTDは回避できました
キチンと設定しないで使ってるからだと思うんですけどね

> あと、64Bit版OS特有の問題かもしれませんが、skyrim4gb.exeは、Skyrimを終了させても常駐解除されないので、何度も起動してると、skyrim4gb.exeが複数常駐してしまいます。

XP 32bitだとタスクマネージャのプロセスにないんでたぶん64Bit限定なのかな?
後ろの記述はちょっと理解できなかったりΣ( ̄▽ ̄;)
VBAみたいなものなのかなぁ・・・

> 4GB Skyrim使ってもメモリ使用量変わらなくないですか?

あくまでも制限を取っ払うだけであってMOD入れていかないとあまり意味はないかと
あとは ini の設定かな
Oblivionでも ini でどれくらいメモリーを使うかみたいなのがあったので
その辺と合わせて弄らないとだめかもです

私の場合は環境もあれですけど大体2GBもつかってないです

> 4GB Skyrim使うと、スクリプトドラゴンが動いてないんですが…

Skyrim Script Dragonかな?
未導入なんでわかんないんですけど単純に crc が変わって弾かれるのかな…
2011.12.20 21:08 | URL | なる #- [edit]
Skyrim Script Dragon と 4GB。
試してみましたけど普通どちらも併用できました。

asiloader.log と Skyrim4GB.log が更新されてるので間違いないです。
asiloader.logに何か原因みたいの書いてないのかな?

まあ見ても私じゃあたぶんわかんないですけど( ̄□ ̄;)
2011.12.20 21:22 | URL | なる #- [edit]

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://narulivion.blog46.fc2.com/tb.php/302-cefb6746
メインPCでSkyrimが出来ない理由が判明。 当初サウンドカードを疑っていたが どうやらメモリを4GB以上積んでいると 不具合が起きるらしい。 毎回発生するタイミングが違っていたので 意味不明だったが、アドレス的に4GBを 超える領域にアクセスしたタイミングで...
2011.12.24 00:22 高速シムラ+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。