スポンサーサイト

Posted by なる on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MBP と GGC の併用について

Posted by なる on 01.2009 NPC 2 comments 0 trackback
< 更新 2010/05/02 >
MPC Ver1.2.1 のリンク追加。
< 更新 2010/03/16 >
MPC Ver1.2.0 のリンク追加。
< 更新 2010/02/19 >
MPC Ver1.11 のリンク追加。
< 更新 2009/12/05 >
MPC Ver1.10 のリンク追加。
< 更新 2009/07/15 >
MPC Ver0.74 → Ver1.00 への簡単な移行方法についての記述を追加。
MPC Ver1.01 のリンクへ修正。
< 更新 2009/07/03 >
MPC Ver1.00 のリンクを追加 (mpcの記事は変更点のみ)



ちょっと某所に書き込んだものそのものですが...

GGC (MPC以前のコンパニオンMOD) を使って MBP (Modular Beautiful People 2ch-Edition) の追加種族を使う方法。

ちなみに私はコンパニオンを使っていません。
(猫だけ導入しましたが邪魔になって何処かに待機させたままだという...)
ふと気づきましたがもしかして LockOn ってコンパニオン使ってる場合、さらに便利かも知れないですね。
間違えてコンパニオンを LockOn しなければですが...

なお、TES Construction Set (Oblivionツクール 以下 CS) と WryeBash を使用します。
画像は Nexus からお借りしているので英語版のですが JP 版を使えば最初から日本語化されてます。
元々日本の方の作品みたいですし。
GGC00

< はじめに >
下記は MBP の Option種族「Chocolate Elves」 で作成したい場合です。
なお、x117Race.esp も同様に使えると思います。(↓のChocolate Elves を x117Race に置き換える)
*MBP に登録がある種族を含む esp を使う場合、 Beautiful People 2ch-Ed.esm にマージしないと無理です。
esm は esp に変換しないと弄れず、判らない人が手を出すべきものではありません。



CSで
1.Beautiful People 2ch-Ed.esm
2.Beautiful People 2ch-Ed Merged Eye Modules.esp
3.Beautiful People 2ch-Ed Merged Hair Modules.esp
4.Beautiful People 2ch-Ed Chocolate Elves.esp → MBPに含まれていない種族、含まれている場合は必要ありません(此処ではChocolateを使用)
5.GG_Valeria_Revived.esp
にチェックを入れ 5 を active にして開きます。



「オブジェクトウィンドウ」から「NPC-Imperial-Female」と進み
EditorIDが「GGC」となっているものをWクリック。

(CS を日本語化しています、日本語化についてはで 此処で)
GGC01
上の画像を参考に「種族」を変更したい種族に変更します。
顔を弄ってもいいですがとりあえず動作確認を先にしたほうがいいので後回しに。
「OK」を押下し CS で GG_Valeria_Revived.esp を上書き保存して終了します。



WryeBashを開き、コンパニオンのespファイルを選択→右クリックAdd Master...を選び、種族追加Modを追加します。
1.Beautiful People 2ch-Ed.esm
2.Beautiful People 2ch-Ed Merged Eye Modules.esp
3.Beautiful People 2ch-Ed Merged Hair Modules.esp
4.Beautiful People 2ch-Ed Chocolate Elves.esp を登録
GGC02
※通常 MBP の esp はすべて WryeBash でマージして使います。
しかし、GGC を使うにはマスターとなる esp はマージだけでは使用できないのでチェックを入れることになります。
まぁ MOD ID が余分に増えてしまうこと、 MBP の esp の下にMBPで使用している種族や髪、目などを変更する MOD を入れるとコンフリクトを起こすことに注意すれば問題は無いです。

理論的には 1-4の代わりに WryeBash でマージされた Bashed Patch, 0.esp をマスター登録して、
Bashed Patch, 0.esp より下に GGC を置けばいいんでしょうがなんか気持ち悪いです。
1.Bashed Patch, 0.esp → 上の 1-4 がマージされてることが条件。



GG_Valeria_Revived.esp がマスター登録した esp群より下の位置でチェックが入っていることを確認しゲームを起動。
Valeria's camp (ブルマー辺りにマーカーが付いてるはずです) にキャラがいることを確認します。
GGC03

此処まで確認できれば後は顔を弄るかコピーするだけです。
此処を参考に顔を移植するか CS で顔を弄るかしましょう。



最後に。
此処まで書いてあれですが、ぶっちゃけ GGC より MPC でいいんじゃ?
GGC は開発が止まってますが MPC はまだ開発されてるようですし。

何処かで見聞きした相違点。
・GGC → esp 1つで1人のコンパニオンしか作れない。
・MPC → esp 1つで24人?まで作成可能、ただし FT で防具が消えたり突然動かなくなる不具合がある?
まぁ主流的にも MPC かと。

いまさら誰得な話でした。ついでに MPC のDownload先のリンクは↓

MPC v1.2.1 >
Download

●れどめの変更履歴より抜粋
1.2.1
レベルの連動値を補正できるようにした
魅力を補正できるようにした
自動回復の無効設定を追加
速度増幅の上限を廃止
活動停止時にRespawnできるようにした
戦闘開始の判定を強化
KotN導入環境で教会で祈らない問題に対応
椅子に座るAIにSubSpaceを適用

v1.2.0
魔法の登録枠を増やした
LeveledSpellを魔法系統で制限できるようにした
召喚装備使用中の不具合を修正

v1.1.1
mpc_dialogue.espを作り直した
repair/rechageの閾値を変更できるようにした
所持品検査でQuestItem設定を追加
蘇生時の武器回収を禁止できるようにした

v1.1.0
obse0018以降が必要になった
先行モードを追加
ホットキー機能を追加
レベル固定設定を追加
follow AIのフラグ設定を追加
コンバットスタイルのPrefersRanged設定を追加
支援型AIを調整
性別変更処理の改善
馬の仲間割れ抑制処理を追加

v1.0.1
0.7.4以前と互換が無くなった
コンパニオンのサンプルデータを同梱
follow中のプレイヤーとの距離を設定できるようにした
クラスを追加
各クラスの魔法をvanillaのleveled spellに対応させた
カスタムクラス用の魔法設定スクリプトを追加
支援型の仕様を変更して仲間の回復設定を分離した
仲間に対して各種の支援魔法を使う機能を追加
tailアイテムを2個まで認識するようになった
AAMetamorphoseのコードをマージ
ゲーム再起動時の初期化処理を圧縮した
召喚した武具を装備中にインベントリを開けない不具合を再修正
スニーク中の不自然な松明の挙動を改善

contrib フォルダの中にサンプル esp が同梱されていて SS スレで提供された SaveData のキャラが登録されているようです。
環境に合わせていくつか esp があるので好きなのを使ってくださいってことのようですね。

< 追記 2009/07/15 >
v0.74 から v1.00 で互換が無くなったので移行が大変だよって人用に
簡単な移行方法を説明してくれている人が。
( OBLIVION SS/MOD晒しスレ 126 283様のです、私は MPC 未導入なので未検証)
MPCデータ変換手順.7z

画像付きで判りやすく説明されていますのであくまでも自己責任で試してみるのも良さそうです。
*TES4EDIT が必須です。

ただし、支援処理に少し問題があるようで、
プレイヤーが病気やディスペルが欲しい状態になったとき、その魔法を持っていない回復支援 MPC は優先順位の高い、状態異常を解除しようとしてループにはまるようです。

プレイヤーに病気回復、ディスペルを使おうとする→魔法をもっていない、処理できず→ループ。

作者様が直しておきますとレスしてるのでもう少しでこの Fix が出そうではあります。(されました)
上のリンクを修正。

○ Comment

お世話になりました。某所で質問させて頂いたものです。
毎度拝見させて頂いております。
まさかあの時の方がなる様とは思いもよりませんでした^^;

その後、GGCへの顔移植は無事成功しましたが、今は利便性から
結局MPCに乗り換えました(すいません…)
ですが、その後CSやWryeBashの使い方がより理解出来る様になり、
今ではNPCの顔を差し替えたりして遊んでいます。
非常に勉強になりました。ありがとうございます。

今後も更新を楽しみにしています。
2009.06.10 19:53 | URL | あの時の七氏 #- [edit]
こんばんは、あの時の七氏さん。

あれ自体、単に好奇心なので気にしないでいいですよん。
理論的にはあれで出来るんだけどなぁから始まったので。

なんだかんだでこの記事も GGC から MPC へ促すことも1つの役割だったり(笑

お褒めの言葉ありがとうございます。
2009.06.11 00:01 | URL | なる #- [edit]

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://narulivion.blog46.fc2.com/tb.php/47-8bd7a9e8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。