スポンサーサイト

Posted by なる on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マージって何? - 実際に纏めてみる編 -

Posted by なる on 04.2009 ツールの説明 10 comments 0 trackback
関連記事
マージって何? - うんちく編 -
 【マージについての予備知識ぽいもの】
マージって何? - 実際に纏めてみる編 -  ←ここ
 【操作方法とか...】



随分期間が開きましたが続きでも書いてみるかな。
色々と理由はあるのですが、3時間の書きかけを飛ばされたのでモチベも低いんです。
(画像入れて保存するだけだったんですけどね...)

まぁそんなこんなでぐだぐだですが...

TES4Gecko
Gecko01


まずは使用方法。

とりあえず適当な場所に解凍します。
*下記の意味が判らない人は c:\tmp フォルダを作り解凍した全てのファイルをコピーしてください。

TES4Gecko というショートカットのファイルがあるのでプロパティを開きます。
リンク先 : C:\WINDOWS\system32\javaw.exe -Xmx1200m -jar "C:\Tmp\TES4Gecko.jar"
となっているので色が付いているところを解凍したフォルダに変更します。

同様に作業フォルダも変更します。
*変えなくてもいい気はするのですが同じ場所にしたほうが無難です。

例) 私は C:\Tool\Oblivion\mod\Tool\TES4Gecko 15.2\ に解凍しているので

リンク先 : C:\WINDOWS\system32\javaw.exe -Xmx1200m -jar "C:\Tool\Oblivion\mod\Tool\TES4Gecko 15.2\TES4Gecko.jar"
作業フォルダ : "C:\Tool\Oblivion\mod\Tool\TES4Gecko 15.2\"

としています。

作業が終わったら OK で閉じ、使いやすい場所にショートカットを移動させます。
このショートカットを実行すると Gecko が起動します。

ちょっとうる覚えなのですが初回は Oblivion の Data フォルダの場所を聞いてくるかもしれません。
その場合は指定してあげます。
念のために 【Set Directory】 を押して参照が Oblivion の Data フォルダになっているか確認しましょう。

では本題のマージ方法です。



【Merge Plugins】
Gecko02


esp をマージするボタンです。これを押下すると...
Gecko03.jpg


とウィンドウが開くのでマージしたい esp に優先順位をつけます。
付けた順番にデータがマージされていきます。

ここでは 【Frostmourne and Lich Kings Armor & Dread Knight Armor】 を例にしています。

1.esp に 2.esp がマージされ、1+2.esp に 3.esp がマージされる...といった内容です。
*被る ID はたぶん 1 が優先され、他は別のユニーク ID が割り振られる?
(試してみたけど被ったもの全てがユニーク IDになるぽい?)

< 原文 >
This function will merge two or more plugin files and create a new merged plugin
file. The output file will be overwritten if it exists. The files will be
merged in the order specified by the assigned priority values. Priority 1 files
will be merged before priority 2 files, priority 2 files will be merged before
priority 3 files, etc. Files with the same priority will be merged based on the
file modification timestamps. A file will not be merged if it has not been
assigned a priority or if the priority value is not valid (priority values must
be greater than zero). Specify priority values by clicking on a row in the
plugin table and then typing in the desired number.


まぁ ObMM などのロード順と置き換えればいいかと(数字が若いとロード順が上)
マージしたい esp すべてに数字を割り振ったら 【OK】 を押します。


Gecko04

Name に作成する esp の名前を入れます。そのままにして後でリネームしても構いません。
下の欄は CS などで表示される情報ですが、作成者の欄 (Creator) とメモ欄 (Summary) みたいなもんです。
*Summary は 古い Wrye Bash で Tag に使われていました。

Delete last master record conflict
たぶんコンフリクトデータがある場合、最後にマージしたデータを使うという意味かと。
*意味が判らない人はチェックしてはいけません。

Edit master leveled list conflicts
leveled list がコンフリクトする場合の編集みたいですがチェックしても編集画面が出てこないので良く判らないです。
とりあえず私はマージするファイルに leveled list のデータを含む場合、チェックを入れてます。

私は↓な感じで作成しています。
Gecko05

Gecko06


まぁ基本的に名前だけ付けてあげればいいかと。
決まったら【OK】を押下、マージファイルが作成されます。

マージ元の esp はもう要らないので変わり作成した esp に変えて終了です。
ちなみにマージするとコンフリクトするアイテムは ID が置き換えられるため新たに収得する必要が出ます。
判る人は構いませんが基本的にアイテム系意外マージしないほうが無難です。
またアイテム系の中にクエストや Script を含むものは CTD など予期しない動作になることがあるのでお勧めできません。
*Frostmourne and Lich Kings Armor の記事の中に v1.2 で抜刀がループすると記載していますが、
この原因はマージしてしまったことによって引き起こされていました。
マージしない場合は使えています。(ただし Rキー押しっぱにして抜刀すると確実に CTD 起こすので私は v1.1 を使っていますが)



< その他の機能 >
【Convert to Master】・・・ 選択した esp を esm に変換。
【Convert to Plugin】・・・ 選択した esm を esp に変換。
(試しに x117Race.esp を esm に変換して再度 esp に戻しましたが MD5値が完全一致なのでデータは何も変わらないみたいですね)
d281a1435289667d12da964c4cd46bff *コピー ~ x117race.esp → バックアップしたファイル
d281a1435289667d12da964c4cd46bff *x117race.esp → esm変換後 esp に戻したファイル

【Edit master List】・・・選択したファイルの master 情報を編集する。
WB でも master 付与と変更は出来るのですがこっちの場合、プラスして削除が出来ます。

【Clean Plugin】・・・不必要に追加されててしまったデータを削除する機能。
Mod翻訳Wiki に説明が少しあります。

>ScriptMessageboxesに関して。Mod関連ToolであるTES4GeckoにはRecompile AllしたModから無関係な不要Scriptを除去する機能があります。よって、Recompile AllしたのちにTES4Geckoで不要部分をクリーンアップ、という手法が可能です

私的な意見を言えば ScriptMessageboxes をした場合は沢山の変更があるので使用しますが、
それ以外の場合は TES4Edit を編集モードで削除したほうがいいと思います。

この機能は良くも悪くも自動で削除されてしまうので、残したかったデータが削除されてしまったり、
消したかったデータが消えなかったりなどします。
沢山ある場合は大変なのでケースバイケースですけどね。

TES4Edit を編集モードで使う場合は TES4Edit.exe のショートカットを作りプロパティから
リンク先に -fixupPGRD を足します。
例)
C:\Tool\Oblivion\mod\Tool\TES4Edit_2_5_1_R2-11536\TES4Edit.exe -fixupPGRD

この引数を付けて起動すると普段は出来なかったデータそのものの削除が出来るようになります。
*通常はデータの中身を編集する機能だけです。
勿論中身を削除することは可能ですが器を消すことは出来ません。
このモードでは器そのものが削除可能です。なお器の追加も出来るようになります。
(さすがに追加はCSを使ったほうが楽)
もっと詳しく知りたい人はリンクの Oblivion Clarity (Airscapeさん) の所で見てください。

私もすべてを使いこなしているわけではないので間違いがあれば指摘いただけると助かります。
また内容についてはくれぐれも鵜呑みはせず、必ず作業前に使用するファイルのバックアップを取りいつでも戻せるようにして置いてください。

今回はなんとか消えずに保存が出来そうです。
前の記述のほうがもう少し整理されてた気がしたんですが...もう忘れてしまったOrz
その代わりその他の機能説明が多少充実したかも。

まぁこんなツールがあるよってことで。

○ Comment

こんばんわ。
マージって何をどうニコイチにしてるんだ…と長い事疑問でしたが
こういう仕組みだったんですねー。

書きかけのクラッシュご愁傷様でした…
でもオブリのツールは殆ど英語で、使うのが怖いところが多いので
こういう記事はとても参考になります。
TES4Geckoは入れたものの、コンフリクト関連はWrye Bashで
事足りる場合が多かったのでespが増えてきたら試してみたいと
思います。あちこちから仕入れてきた装備MODのespを
減らせるのは魅力的ですしね。
毎度多謝!
2009.07.04 21:19 | URL | あの時の七氏 #- [edit]
あの時の七氏さん、こんばんはー
まあたしかにWBは優秀なのでほとんどこれど事足りますねー
装備品のマージは便利ですが少し面倒なこともあって
頻繁に verup するものをマージしてしまうとその度に作り直す必要が出るのでそこは考慮する必要があるかな。
あとはまったくその装備を着用して無くても
マージした MOD を Activete していると
裏でその装備の texture 分 VRAM が割かれてるようです。
以前、ItemPack01~04 と作っていて何かの拍子にまったく使ってない 01~03 を外したら VRAM が 100MB以上空いてびっくりしました。

この辺は 「もしかして「コピー~....」というファイルやフォルダ沢山作っていません」 ( 22.html )辺りとの関連ですかねぇ

ご回覧ありがとうございます。
2009.07.05 08:33 | URL | なる #- [edit]
初めまして。
楽しく見させてもらってます。
此処はツールの使い方とか丁寧な解説で載ってるので自分のような素人に近い人間にはとても助かります。

今回此処のマージ記事を参考にしてやってみました。
MOD装備品は良いのが多いのですが好きな物を好きなだけ入れるとespとかかなり増えて面倒なんですよね。
それで、実際マージ作業をやってみたら思ってた程複雑な操作がなくて無事できました。感謝!

そこでちょっと質問なんですが「アイテム系の中にクエストや Script を含むものは~」と言う注意文がありますがMOD装備品の中には特定の場所で特定の敵を倒して入手と言うのも結構ありますがそう言うのもクエストの部類に入るのでしょうか?
あとScriptは主に装備品にエフェクト(アニメーション?)がかかってるという事でいいんでしょうか?
なんかしょうもない質問で申し訳ない(汗)
2009.07.26 16:46 | URL | ラン #- [edit]
ランさん、こんばんは。
Script は TES4View や TES4EDIT, TES Construction Set などを使うと判ります。
要するにプログラムです。
例にしている、Frostmourne Sword の新しいのは抜刀されると炎のエフェクトが付いた剣に交換し納刀するとエフェクトの無い剣に交換するという Script (プログラム)がついてます。
同じように Tona Anchorite Outfit for HGEC にも Script がついてます。
こういうのはマージすると管理しているFromIDが変化して予期せぬ動作に繋がると思われるので推奨していないとなります。
http://blog-imgs-27-origin.fc2.com/n/a/r/narulivion/2009072316140538e.jpg
この画像に映ってる Script って奴のことですねー。
そのIDが変わらなければたぶん問題はないと思われますが、まぁそんな理由だったりします。

ほとんどの装備品には Script は付いてません。
ここで紹介しているのも上の2つと純粋な装備ではないですが、HENTAIMANIA くらいじゃないかなぁ・・・
2009.07.26 22:02 | URL | なる #- [edit]
こんばんわ、返答有難うございます。

ちょうど例に出されているTona Anchoriteがあったのでそれの他に通常の装備、クエスト付き装備等入れて確認してみた所確かにscriptが入っておりました。
クエスト付きの装備MODにはquestが含まれてました。
こう言う事だったんですね、理解できました。
ツール系は使い慣れてないのであまり重要性が理解できてない部分がありましたがこれで安心してマージ作業できそうです。

ほんとに解かりやすい説明有難うございます。
これからも記事楽しみにしてます。
ではでは^-^



2009.07.26 23:00 | URL | ラン #- [edit]
私が勘違いしてるかも知れませんが(笑

応援ありがとうございます(≧∇≦)ノ
2009.07.27 23:05 | URL | なる #- [edit]
こんばんは、Ringoです。
ユキスケさんの所から誘導されて、今更ながらまた読み返しています。
前記事のSizuruさんのコメントからesmとespの違いなんかも読んでみたり。

TES4Gecko の機能の部分、Convert to MasterとConvert to Plugin。
ヘッダ情報内の、1の違いであれば、そこを変えているだけだと思われるので、
MD5が一致するのも頷けるなーとか思ったり。

今までオブリをプレイしていて、espの数が200も越えた事が無いので、
マージの必要性をあまり感じなかったのですが、ツールは使えたほうが便利なので
ちと試してみようと思います。

実はWrye BashのBashed Patchの作成もした事が無かったり、Tes4Editも未導入・・・。
まぁ、色々言い出すと程度が知れて悲しくなって来るので止めておいてと。

なるさんのBlogには、未だに自分にとって高度な情報が多いので、
暫くはツール関係カテゴリを読み漁る事になりそうです。
ここ最近はオブリで遊ぶよりも、情報集めと理解が主な活動になってますw

そいでは(・∀・)ノシ
2009.10.01 20:25 | URL | Ringo #ay7SQ5w. [edit]
Ringoさん、こんばんはー

補足なのですが

x117Race.esp (初期のを1とする)

x117Race.esm (Gecko でesm化、2とする)

x117Race.esp (Gecko で再度espに戻す、3とする)

この時の1と3がMD5値が一致します。
MD5というのは1Bitの差があってもまったく違うものに

TES4Editだけでも入れてみるといいですよー
間違えて弄ってしまうのが怖ければ TES4View で

これを眺めてると仕組みの理解がたぶん早いです、私も最初まったくわかってなかったですし(笑

あと、またx117関係でリンクしちゃってます、すいません
2009.10.02 06:13 | URL | なる #- [edit]
こんばんは、Ringoです。
変換に関して、言葉足らずでしたw
esmに変換する前と、esmに変換してから元に戻したのが同一ですね。
大丈夫です。

早速TES4Edit入れてみました。
Airscapeさんの記事を読みながら、自作esp見てみると余計な操作がやっぱりありましたw
クリーニング機能もそうですが、装備Modの場合ですと、
CSを開かずに設置数を弄れるのは便利かなーとか。
かなり多機能なようで、ちょっとずつ使い慣れたい所ですね。

記事関連でLink有り難う御座います。書いたかいがあるってものですw
2009.10.02 20:26 | URL | Ringo #ay7SQ5w. [edit]
Ringoさん、こんばんはー

TES4Edit はもう手放せないですよー
他にもいっぱい手放せないものがありますが確認とちょっとした変更はこれが便利すぎ

あとは変則的かもしれませんが起動できないときにも確認に使えたり
WBでもいいんですけど、TES4Edit でもマスター指定で起動しないときはこれも止まります
Obの場合は落ちちゃうので判りませんが、Editの場合はエラーメッセージでなんとかespが見つかりませんみたいので直ぐ気づきます

いやまあ、WBでいいんですけど...

(*'-')b
2009.10.03 06:13 | URL | なる #- [edit]

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://narulivion.blog46.fc2.com/tb.php/66-0fa27fb2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。